受付時間

あおば鍼灸整骨院 0944-86-3737

アクセス

ムチウチ

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 交通事故でムチウチになってしまった
  • 以前のムチウチが再発してしまった
  • 天気が悪いと頭痛や重さを感じる
  • 手先まで冷たさやシビレを感じる
  • ムチウチ後、首が痛くて触れない

ムチウチとは?|大川市 あおば鍼灸整骨院

ムチウチとは、交通事故での追突や急停車の際に首の骨(けいつい)がムチのように大きく不自然にしなりダメージを受けた為に発生する症状です。「ムチウチ」というのは正式な傷病名ではありません。「頸部捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」といわれます。

「頸椎捻挫型」は、頸椎の周りの筋肉や靭帯が損傷を受けることによって起こります。最も多いタイプのむちうちと言えます。

症状としては、「首の後ろが痛む」「肩が痛む」などがあります。痛みのために首や肩を動かせないレベルに達することもあります。

中でも「脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」は髄液圧が急上昇した際にクモ膜に穴があき、脳脊髄液が漏れて圧力が下がることで起こる症状で天候と気圧変化によって症状が変化します。

当院で施術させていただきました患者様の中でも、これらのタイプが複合的に出ているケースが多く、その大半はレントゲンの検査だけでは判明できないようです。

ムチウチの原因とは?|大川市 あおば鍼灸整骨院

ムチウチの原因は交通事故の衝撃による発生が多いです。助手席などで居眠りをしてて急停車や段差の衝撃などでも報告があります。

車にキズもつかないような軽微な追突事故でも車内の人への目に見えない負担は大きいです。当日は何も症状がなくても後日不調を訴える方が多いようです。

頸部の軟部組織は筋肉や腱や靭帯で構成されているので、そこを損傷するとムチウチになります。

痛みやしびれなどの症状がはっきりと出ていても、ムチウチはレントゲンの画像診断には写りません。

当院のムチウチ改善方法|大川市 あおば鍼灸整骨院

「アタマ重い、今日雨降るな。。」しっかり通院しないと、後遺症が残ったり再発する事があります!交通事故施術は最初の三か月が肝心です!

病院での検査で頸椎に異常がないといわれても、ムチウチは後遺症になりやすく、気を付けなければなりません。そのため、しっかりした治療が必要です。

交通事故直後は軟部組織が損傷していることが考えられ、その炎症が痛みなどの諸症状を発生させているので、まずは炎症を抑えることが必要です。

当院は、全身のバランス調整を得意としています。ムチウチの初期炎症を早くおさえるために為に微弱電流機器を主に使用します。この場合過度な手技は逆効果となりますのでなるべく低刺激な施術を心がけます。これまでの臨床の結果、交通事故の強い衝撃によって全身のバランスが崩れあちこちで異常をきたします。(ひどい追突事故後に、母乳が出だした方もおられました)

DRT(ダブルハンドリコイルテクニック)の有効性
炎症が落ち着いてきたら、首を中心に筋肉バランス調整をしていきます。DRT(ダブルハンドリコイルテクニック)という技術を中心にアプローチしていきます。

大川市のあおば鍼灸整骨院では常に勉強会やセミナーに出席し手技を磨いております。その中でもDRTはムチウチにも適した施術法の一つです。

DRTは、東京のお茶の水カイロプラクティック院長 上原先生が、キャリア35年以上かけて到達された施術法です。背骨をゆっくり揺らす手技ですので全く痛くありません。

身体を脱力してお任せください。壮大な理論を元に上部頸椎へアプローチする手技です。

術者は単純な揺らしの中で「揺らす場所」「揺らす回数」「方向性」「ベクトル」を意識しながら動きますが、受ける側にその緊張感が伝わらないようにリラックスしてもらう熟練度が求められます。

ムチウチでお悩みの方は当院へお越し下さい|大川市 あおば鍼灸整骨院

大川市のあおば鍼灸整骨院では、お客さま一人一人の悩みに合わせた施術を提案いたします。セミナーや勉強会などでレベルアップをはかり、「あおばメソッド」はより進化しております。

筋肉や骨格の専門家としてだけではなく、鍼灸による東洋医学治療も取り入れて、体質改善や自律神経を整えていきます。

ムチウチはしっかり施術しないと後年再発する事もあります。最初の三か月がんばりましょう!

あおば鍼灸整骨院

お問い合わせ

住所
〒831-0007
福岡県大川市大字道海島579-1
駐車場
駐車場完備

受付時間