腰部脊柱管狭窄症|大川市 口コミ1位の整骨院・整体院

受付時間

あおば鍼灸整骨院 0944-86-3737

アクセス

腰部脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 続けて長く歩けない
  • 少し前かがみになると腰痛が楽になる。
  • 歩行中、腰が痛くなっても、少し休めばまた歩ける。
  • 筋力が衰えてから腰痛のしびれがひどくなった

腰部脊柱管狭窄症とは?|大川市 あおば鍼灸整骨院

腰部脊柱管狭窄症とは、脊柱管と呼ばれる背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルが狭くなったりして神経を圧迫して神経痛が腰〜足に出現する疾病です。

症状は腰部椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などに良く似ていますので、鑑別が必要となります。

腰部脊柱管狭窄症の好発年齢はご年配に多く、腰部椎間板ヘルニアは中高年に多いと年齢による違いもあります。

腰部脊柱管狭窄症の原因|大川市 あおば鍼灸整骨院

腰部脊柱管狭窄症の原因は年齢を重ねるにつれて背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

症状としては腰部〜足への痛みや痺れがありますが、この症状は坐骨神経痛に非常に似ていますが、決定的な症状の違いがあります。

まず腰部脊柱管狭窄症は間欠性跛行と言った、少し歩くとだんだんと痛みや痺れが出現して、歩行が困難になり途中で休憩すると痛みや痺れが無くなっていきますが、また少し歩くと再び痛みや痺れが出現する繰り返しなどと言う症状なのに対し、坐骨神経痛は歩き出しや、最初の動作が痛みや痺れで歩行が困難ですが、動けば動くほど楽になっていくのが特徴なで、両者にこのような違いがあります。

原因としては年齢によるものが一番に考えられますが、運動不足による筋力の低下や上記で書いたようにと骨や靭帯の異常によるものがあります。

歩行が困難になりやすいので筋力が著しく低下する恐れがあり、早期治療をおすすめいたします。

腰部脊柱管狭窄症の根本的治療は脊柱管拡張術と言う手術が根本的な治療法となりますが、殆どの患者様は保存療法(運動療法)を選択されるので、腹直筋、腹斜筋、背筋群の強化をします。当院でもEMS筋力トレーニングでの治療も導入してます。

  • LINE

あおば鍼灸整骨院

お問い合わせ

住所
〒831-0007
福岡県大川市大字道海島579-1
駐車場
駐車場完備

受付時間